抗生物質の副作用で肌荒れ、便秘、カンジダ膣炎になりました。

ある日、のどの違和感と寒気がしたため、仕事帰りに病院へ行きました。

「風邪ですね」ということで定番のお薬(ジスロマック、ロキソニン、PL顆粒)を出してもらいました。

早速薬を飲んで寝ましたが、朝、熱を測ると39度を超えています。

薬を飲んだばかりでは効かないかと思い、しばらく様子をみたものの、2日経っても熱は下がるどころか人生初の40度台を記録してしまいました。

のどの痛みも増し、食事も受け付けられなくなったことから、再び病院へ行き診察を受けました。

今度は「扁桃腺炎」と診断され、抗生物質がトスフロキサシンに変わりました。

新しい薬(トスフロキサシン)を飲んで1日経つと熱は下がりましたが、のどの痛みは全く治まりません。

唾を飲むのも声を出すのも激痛が走り、何をしていても苦しいのです。

結局、風邪の症状が出てから1週間たっても、のどの痛みは引きませんでした。

再び病院へ行くと、医者から「最強の抗生物質を出しておく」とジェニナックを処方されました。

もう藁にもすがる思いで、4日間きっちりジェニナックを飲みました。

ジェニナックも劇的に効くことはなかったのですが、だんだんのどの痛みも薄らいでいきました。

結局、12日間抗生物質を飲み、2週間くらいしてやっと喉の痛みは治ったかなという感じになりました。

しかしその頃から、抗生物質の副作用がやってきたのです。

肌が荒れ、便秘になり、極めつけはひどいカンジダ膣炎になってしまったのです。

もう外陰部がかゆくてかゆくて仕事もできないほどでした。

婦人科の先生によると、抗生物質は膣内の善玉菌まで殺してしまうために、悪玉菌であるカンジダ菌が繁殖しやすくなって、カンジダ膣炎が起こることがあるそうです。

幸い、カンジダは膣錠と軟膏ですぐに治りましたが、ほんとうに大変な思いをしました。

抗生物質はだらだらと長期に飲むべきではないし、抗生物質を飲まなくてもいつかは治るものであれば、飲まない選択も頭におくべきだと思いました。

それ以来、軽い風邪では抗生物質を飲まないようにしています。

(愛知県・さすらいのまゆゆさん)




副鼻腔炎にジスロマックが良く効き3日で治りました。

抗生物質って風邪の時にお医者さんがよく出してくれますが、正直なところすぐ風邪が治るわけでもなく、そんなに効くのかなあと疑問に思っていました。

でも、「医者は抗生物質は体によくないから飲まない」とも聞いたことがあり、結構効き目があるはずなのにな、とも思っていました。

ある時、鼻が臭くなり、鼻をかむととてもくさい鼻水が出てくるようになってしまいました。

同時に歯も痛くなっていました。

鼻が臭くなるなんて初めての体験だったので、軽いパニック状態になってしまい、また歯も痛いのでとてつもなく焦ってしまいました。

とりあえずネットで調べてみると、どうやら副鼻腔炎のようです。

推測するに歯が痛いのは歯が膿んでいるせいで、その膿が鼻の方に来ている感じでした。

歯が痛くて鼻が臭いのはなんだか人間を絶望的な気分にさせます。

つれあいに「自分ではどのくらい外に臭っているのかわからないから、鼻の臭い嗅いでみて」と言ったらすごい勢いで拒否されました。

これも私の落ち込みに拍車をかけました。

次の日早速耳鼻咽喉科に行きました。

診断は「副鼻腔炎ですね。蓄膿症の軽い奴です。」と言われました。

蓄膿症と言われたのは結構ショックでしたが、原因がわかってホッとしました。

ここで抗生物質の出番です。

医者が出してくれたのはジスロマックでした。

ジスロマックはブック型のパッケージをしている薬で、結構ひどい風邪の時でないと出してくれないイメージがあります。

「抗生物質ごときでそんなにすぐ蓄膿症が直るのかな」と思いましたがあら不思議、ジスロマックを服用して二日目には鼻の臭いは消えていました。

抗生物質というのは結局防腐剤ようなものなのでしょうね。

ジスロマックは基本的に3日分なのですが、副鼻腔炎の症状はほぼ3日分のジスロマックで改善しました。

風邪の時にはよくわかりませんでしたが、抗生物質の威力を思い知った出来事でした。

もしかしたら抗生物質は体にはそんなに優しくないものなのかもしれませんが、副鼻腔炎が治ってとてもありがたかったです。

(東京都 なげさん)




抗生物質クラビットの副作用でカンジダ膣炎になりました。

抗生物質って、感染症とか怪我をした時に処方される、すごく効き目の強い最終兵器的なイメージを持っているのはわたしだけでしょうか?

わたしは風邪を少しこじらせるとすぐに副鼻腔炎になるため、よく抗生物質のお世話になっていました。

クラビット500mgという抗生物質とムコダイン500mgという痰切りのお薬さえ飲めばあっという間に副鼻腔炎の辛い症状を軽減できていたので、その2つのお薬さえあれば何も怖くない!とさえ思っていました。

しかし、クラビット500mgがわたしの絶対の信頼を裏切る出来事があったのです…。

いつものように、副鼻腔炎になったわたしは、耳鼻科を受診し、クラビット500mgとムコダイ500mgを処方してもらい、内服していました。

副鼻腔炎の症状も改善してきたある日、わたしの体に異変が起きました。

膣が猛烈に痒いのです!!

あまりに痒すぎて、鏡で膣の中を見てみると鮮やかなピンク色をしているはずの内壁が真っ白になっていたのです!

しかも擦っても取れないのです。

あまりの痒さに半泣きになりながら産婦人科に行って診察をしてもらうと、カンジダ膣炎という、体力や免疫力の低下、妊娠や抗生物質の服用が原因で、カンジダという真菌(=カビ)が異常に増えておりものの異常や痒みが起きる病気でした。

よかった〜、何か怖い性病かと思った…と安心したのですが、んっ?抗生物質が原因!?今まであんなに信じて内服し続けていたのに、クラビットのせいでこんなに膣が痒いの!?膣にカビが生えているの!?となんだか裏切られた気持ちでした。

副鼻腔炎になったら抗生物質お飲まないと長引くしから飲まないわけにはいかないし、でもカンジダ膣炎は1度なると再発しやすい病気なので、今まで神様のように思えていた抗生物質が、諸刃の剣という認識になり、抗生物質の内服に多少の覚悟必要になりました。

(埼玉県在住、美帆さん)




市販の抗生物質のドルマイシンを漂白剤のやけどの治療に使いました。

今年の2月に職場で火傷をしました。

しかも、市販の漂白剤でです。

両方の手の甲側の指にです。

左手の手の甲側の薬指が特にひどかったです。

なぜ手袋をしなかったんでしょうね?

今となっては、意味がわかりません。

さてさて、抗生物質の話をしますね。

そのときは、皮膚科に行くお金がなかったので、ドラッグストアで市販の抗生物質を買いました。

商品名ドルマイシン。

コリスチンとバシトラシンという二種類の抗生物質の塗り薬です。

なぜそれを知ったかというと、ネットで調べたからです。

値段は、1000円でした。

高いのか、安いのかはわかりませんが、とりあえず、市販で買って使ってみることにしました。

1日、数回塗っても良いとのこと。

水仕事が多いので、助かりました。

ドルマイシンを塗り始めた頃、ジンジンと脈を打つ感じで火傷が傷みました。

2、3日は、そんな状態でした。

4日目、白っぽい膜?のようなものができはじめました。

でも、水仕事をするので、ふやけてしまいます。

なので、塗り薬を塗ったあと、水を弾く絆創膏を貼ってました。

膜?がはって、ふやけて剥がれて、また膜?がはってが、一週間ぐらい続きました。

根気よくドルマイシンを毎日ぬりました。

結果が出るようになりました。

殺菌されてるみたいで、化膿が止まりました。そして、皮膚が再生し始めました。

ここまで来たからには、完治させてやると意気込み、ドルマイシンを継続しました。

そして、更に一週間後、ピンク色の皮膚が徐々にできて、痛みも少しずつなくなりました。

まだ塗ったほうがいいのかな?まだ完治はしてないよね?と独り言を言いながら、相変わらず塗ってました。

気がつくと、皮膚が元通りになってました。

かなり、酷くて病院で治療したほうが良かったのですが、給料日前でお金がない!

すがる思いで、市販のドルマイシンを購入しました。

ちょっと時間がかかりましたが、今では火傷の痕跡が、跡形もなくなりました。

漂白剤の火傷は懲りたので、今は手袋を着けて、漂白剤をさわるようにしています。

(大分県 T. Sさん)




中耳炎の治療で服用する抗生物質の選択方法

平成26年4月の始めのことでした。

春休みに母親と子供と一緒に旅行に行き、帰宅してすぐに猛烈な右耳の痛みに襲われ襲われました。

「中耳炎かな?」と思い耳鼻科で診察してもらうと、副鼻腔炎との診断でクラリス錠200を処方してもらいました。

ところが、痛みは全く引かずひどくなるばかりだったので「これは絶対中耳炎!」と思い別の耳鼻科を受診しました。

やはり中耳炎で、医師に「鼓膜が真っ赤ですよ〜」と言われてしまいました。

処方されたのは痛み止めのロキソニンと、オーグメンチン配合錠250RSという抗生物質でした。

痛み止めでしばらくの間は痛みが引いたものの、3時間程度しかもたなくなり痛みは更にひどくなりました。

結局、鼓膜切開をすることになり、点耳薬と痛み止め、オーグメンチンを継続することになりました。

鼓膜切開した後、滲出性中耳炎になり、聞こえも悪くなってしまうという散々な状態に…

医師に抗生物質をエリスロシンに変えてもらい服用したところ、腕全体に赤い発疹ができてしまいました。

薬が変わったせいだと思い抗生物質の服用を止め、耳鼻科に行くとやはり薬疹だということでした。

すでに痛みはなくなっていたのですが、この時点ですでに1ヶ月以上たっていたので、町の診療所ではなく都内の耳鼻科専門病院を受診することにしました。

最新の設備の整った専門病院で、詳しく耳の状態を診てもらったのですが、次の抗生物質はメイアクトMS錠でした。

6月に入ると聴力も戻り、ほぼ全快しました。

この2ヶ月間でどれだけの量の抗生物質を服用したかと思うと恐ろしいほどです。

クラリス錠から始まって、マクロライド系、セフェム系、ペニシリン系の抗生物質を渡り歩いてきました。

それ程重症の中耳炎だったのですが、抗生物質の選択というのは医師でも大変なことがあるのだなと思った出来事でした。

(東京都 ミミさん)